Speee DEVELOPER BLOG

Speee開発陣による技術情報発信ブログです。 メディア開発・運用、スマートフォンアプリ開発、Webマーケティング、アドテクなどで培った技術ノウハウを発信していきます!

Kaigi on Rails 2021 にオンラインブース運営として参加したら、最高だった!

こんにちは!PdMとしてエンジニア採用をしている菅沢です。

このブログは、10/22、10/23に開催された、Kaigi on Rails 2021の参加レポートです。 SpeeeはRubyスポンサーとして、スポンサー登壇、オンラインブース運営として参加しました! また、弊社石井が2日目にスピーカーとして『事業に向き合い続けたい私は、それでもRailsを使い続ける』というタイトルで登壇しました!

登壇内容については、石井が以下のブログでまとめています。

tech.speee.jp

今回のKaigi on Rails 2021では、登壇者の方々の発表と並行して、 reBakoを活用してオンラインブースでワイワイできるという面白い試みがありました。 Speeeとしてもイベントを盛り上げたく色々な工夫を凝らしたので振り返りを兼ねて、

このブログでは、

  • オンラインブースやってみてどうだったのか?

という点についてまとめようと思います。 (タイトルで最高でした!といってしまってますね笑)

オンラインブースとは

今回のイベントでは、しくみ製作所さんが提供している、rebakoというサービスを利用して、オンラインブースを開いています。

こんな感じのかっこいい会場を運営の方々に用意してもらいました!!

f:id:yukkesgsw:20211025135546p:plain

会場に用意されているテーブルに着席すると、テーブルにいる人どうしのオンライン通話ができるという形です。

f:id:yukkesgsw:20211025124102p:plain
Speeeブース

想定していたこと、準備していたこと

オンラインのブースということもあり、気軽にアクセスできるのでいろんな方が来てくれることは想定していました。

一方で、「ブースにいる人の雰囲気が分かりづらい」、「何を話しているかなどの状況が分かりづらい」、ということから いきなりブースの中の人の声を掛けてくれる方は少ないんじゃないかな、と考えました。

そこで、Speeeのブースでは、すこしでも多くの方にブースに足を運んでもらえるように、

『Kaigi on Rails 2021 Speeeブースにお越し頂いた方へ 🙆』という資料を用意して、 声をかけるハードルを下げられるような工夫をしてみました。

こんな感じのトークDeckやブースにいるメンバーの話せるネタDeckを用意しました。

f:id:yukkesgsw:20211025123138p:plain
トークDeck

f:id:yukkesgsw:20211025123114p:plain
メンバーの話せるネタDeck

また、たまたまタイミングの合わなかった方ともお話できるようにMeetyを用意していました。

(ちなみに『Kaigi on Rails 2021 Speeeブースにお越し頂いた方へ 🙆』はまだアクセスできるので、このブログを読んでSpeeeに少しでも興味を持っていただけたらMeetyからご連絡お待ちしております 💁)

meety.net

meety.net

meety.net

実際どうだったか?

想定していた準備に対して

正直なところ、オンラインブースでいきなり話しかけるハードルはやはり高かったのか、1日目はなかなかいきなりブースに来てくれる方は多くはなかったです、、、!

ただ2日目になってから徐々にブースに来てくれる方も出てきて、ワイガヤと話しができて最高でした!!!

Speeeのブースに遊びに来てくれた皆さん本当にありがとうございました!🙏

実際、最初の会話でトークDeckから話したいテーマを選んでもらって会話し始めると、スムーズにワイワイ話せるモードに移行できて、作ってよかったと感じる瞬間でした!

想定していなかった「嬉しい」誤算

その1:立ち聞きという体験がよかった(話を聞く人視点)

また、今回のイベントの直前にreBakoに実装された、「立ち聞き」機能が素晴らしく (立ち聞きを開放しているテーブルの近くに行くとテーブルで話している内容を立ち聞きできる!という機能)、

  • 気になる方々が会話してる
  • でも自分が参加するのはハードルが高い、、、
  • でも話を聞きたい、、、

というあるあるな参加者の気持ちに応えるナイス機能でした。

おかげで、今回のイベントでは、こんな感じで登壇された方のQAや、有識者の方々同士の会話、ブース内でのワイガヤしている様子を聞くことができました!

その2:立ち聞きという体験がよかった(話している人視点)

話を聞く側としてだけでなく、話している人視点でもとても良かったです。

例えば

  • 開発プロセスのお悩みをワイワイ話している
  • 立ち聞きしてくれる方が来てくれた
  • 「是非一緒にはなしませんか~?」と声をかける
  • 参加してくれる
  • もっとワイワイできる!!

という流れがつくれました!🙆

実際のオフラインのカンファレンスさながらの体験をオンラインでできるとは、、、、! 最高です!

その3:ブースを運営している他社の方々とお話できた

ブースを運営している各社さんのブースに遊びにいって、お互いの技術広報の課題感やうまくいっている取り組みについて話したり、 「こんど一緒にイベントしましょう!」という話ができました。

ラフな会話から次の約束が生まれるのが、カンファレンスやイベントの醍醐味だと個人的に思っているので、久しぶりに体感できて最高でした!

次回オンラインブースを運営するならやること

ブース資料は絶対用意する

オンラインでやる以上「いきなり話しかけるハードルを下げる」ことへの努力を怠るわけにはいきません。 今後こういった場に参加する際にはほぼ必須といってもいいと思います。

ちなみにWantedlyさんのブースで公開していた資料が素晴らしかった、、、!
参考にさせていただきます!!!

ブースの座席を大きくする

  • ワイワイ話している座席に立ち聞きしにくる
  • 内容面白そうだな~で聞いている
  • この話題なら自分も交れそうと感じたら入る

という動きが一番参加される方がストレスなくイベントを楽しめる動きだと思うので、
次回からは、少し大きめの座席(6人席や8人席)を用意しておいて、2~3人でワイワイ話しているところに来てもらうのが良さそうだと考えています。

(今回用意したのは5人席だったので、3人いるとちょっと入りづらそうだった)

ブースで話している話題をTwitterや会場専用のチャットで流す

マネーフォワードさんのブースで「技術広報についてはなしてるよ~」というのを会場専用のチャットで投稿しているのをみて、 立ち聞きしに行って、気づいたら会話に参加していたという体験をして、この体験の流れがとてもよかった!

f:id:yukkesgsw:20211025134916j:plain
マネーフォワードさんのブースで技術広報についてワイワイ話しているところ

次回からは、テーブルで話している話題を垂れ流すことで、話題に関心のある方と一緒に話せる機会をもっと得られそうだと考えています。

ブースで登壇を見ながら雑談する(アイデア)

みんな登壇を見に来ているし、ブースやっているみんなも登壇の内容が気になっている、、、! しかも、登壇を見ながら気になることをワイワイ話せる体験はすごくいいかも、、、、!と思っている。 次回タイミングがあったらやってみたいと思います。

結論

  • オンラインブースはいいぞ!
  • こんな楽しい場を提供してくれたKaigi on Rails 2021 運営の方々、素晴らしい登壇をしてくれた皆さん、オンラインブースを盛り上げてくれたスポンサー企業の皆さん、参加者の皆さんありがとうございました!!!

タイミングが合わず話せなかった、、、という方やSpeeeに技術的でも事業的でもそれ以外でも興味がある方ぜひカジュアルにご連絡ください。

https://twitter.com/ykksg728
https://meety.net/matches/YIlpYUepHQJg