読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Splathon(企業対抗スプラトゥーン大会)を開催しました

企業対抗スプラトゥーン大会を開催しました!!!

はじめまして、スモーカー親分(新卒)です。新卒で入社して8ヶ月が経ちました。 顔がイカついと言われるのが常日頃の悩みです。f:id:amirtta:20160113154231p:plain

開催の経緯

あれ、前にもやってなかった?と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、

ランチコンダクター氏が以前執筆した記事内で、「一緒にイカやりたい企業募集します!」などと公言したところ

なんとイカナカマの中の人と博報堂DYメディアパートナーズさんからTwitter「企業対抗スプラトゥーン大会やりませんか?」とリプライをいただき、11月29日に再び開催する運びとなりました!!!!

しかも参加企業様からの紹介もあり、この度、4社ものイカした企業様方が参加してくださいました。

Splathon

これほどの開催規模になってくると、ちゃんと大会名も考えたほうが良いな。。 ということで、社内の皆で考えました。

「スプラソン」(Splathon)とは、スプラトゥーン(splatoon)とマラソン(marathon)を組み合わせた株式会社Speee発祥の造語で、複数の参加チームが、マラソンのように、数時間から数日間の与えられた時間を徹してSplatoonに没頭し、戦果を競い合うイカイベントのことをいいます。

その他のネーミング候補(抜粋)

  • 全日本実業団対抗スプラトゥーン大会
  • イカHACK
  • 烏賊漁船大出港
  • WSC (ワールドスプラトゥーンクラシック)
  • オクト杯
  • スプラカップ(S杯)
  • SplaHackDay
  • Code for Splatoon
  • イカさし

今回参加頂いた企業様(敬称略)

さらに、イカログの中の人である@hasegaw氏にも、しくみ製作所チームのメンバーとして参戦いただきました!うおおおおおおお!!!!!!!

企業対抗戦!!!!

5社対抗のイカし合いだああああああああ!!!!

ガチエリア → ガチヤグラ → ガチホコの順で試合を行い、全試合を通して勝ちポイントを競います。 試合の結果によって、ポイントが加算されます。

  • ノックアウトで勝利:3P
  • ノックアウトせずに勝利:2P
  • 敗北:0P

最終的に1番多くのポイントを稼いだ企業が 初代Splathonチャンピオンになります。

試合開始直前の殺気漂う風景

プレイヤーシートに着席するPixiv勢 Pixivチームはエース てらさんが社内で「破壊神」と呼ばれているそうです。

1社だけ完全に雰囲気の違うドワンゴチーム 「裏取られたらナイス出すわ」などガチすぎる作戦会議が行われていました。

湧く観客席

試合中以外のチームは、プレイヤー席後方のスクリーンに映る試合模様を観戦します。
終盤のアツい攻防や、エースプレイヤーによる複数キルのシーンでは大きな歓声が上がり ※脚色ではなくガチでうるさかった
終了後にはチームメンバーによるハイタッチが交わされ、観客から熱い拍手がおくられました。

ドワンゴチームの初陣を食い入るように見つめるPixivチーム

わずかな時間を用いてのギア選び、トレーニングも欠かさず行います。

プレイ動画公開!!!

今回弊社社員がキャプチャボードを導入し、全ての試合を収録していました。
随時ニコニコ動画に公開していく予定です。

ドワンゴさん良いサービスをありがとうございます!!!ニコ動最高!!!!!!

【ニコニコ動画】【第1回Splathon】 第9試合 Speee vs Pixiv ガチホコ

下記マイリスに動画をまとめていく予定です。
第1回Splathon -ニコニコ動画:GINZA

助っ人制度

今回、博報堂DYメディアパートナーズさんが3名での参戦だったので、助っ人制度が採用されました。

「この中にS+の方はおられませんか?」の声かけに、Pixivさんやドワンゴさんから S+プレイヤーが集まりました。

勝てない主催企業

弊社Speeeは...と言うと 序盤のあまりの弱さに絶望感が漂いました。

しくみ製作所さんとのドベ争いに勝利し、ガッツポーズでたたえ合うSpeeeチーム

試合の結果

気になる試合結果ですが、Pixivさんの優勝で幕を閉じました。

2位のドワンゴさんとの差は僅か1ポイント。この二社の強さは圧倒的です。。

優勝を逃した面々は「もっと真剣に強くなろう」と互いに誓い合うのでした。

優勝チームであるPixivさんには、弊社社員がゲーセンで取ったSplatoonのブランケットが贈呈されました!

おめでとうございます!!

優勝インタビューで、「Pixivチームの勝因は?」との質問に対し 「てらさん(破壊神 S+)を連れてきたことです」との答えに会場は爆笑に包まれました。

懇親会

ピザが到着したあとは、万を持しての懇親会。
昨日の敵は今日のイカナカマです。

プロジェクタには当日試合中の録画データが映しだされ、各人プレイを振り返りながらの交流となりました。

トークのみならず、懇親会中であろうとプレイに走るグループもいたり、 しくみ製作所とSpeeeのエンジニアが集まり
「どうすればイカナカマをより多くのユーザーに使ってもらえるサービスにできるか」真剣に議論したり 各方面で盛り上がっていただけたようです。

大会の最後は一本締めならぬ「マンメンミ締め」で終わりました!

togetter

当日のツイートをtogetterにまとめました!

2015-11-29 第一回splathon - Togetterまとめ

最後に

今回ご参加いただいた、しくみ製作所さん、ドワンゴさん、博報堂DYメディアパートナーズさん、Pixivさん、@hasegawさん、

ありがとうございました!大変楽しかったです!

引き続き、Splathonに参加してくださる企業様を募集しています!

一緒にイカしたいという企業様は、ぜひ@yuma_iwasaki氏まで連絡ください。

そして、任天堂さん!
ゲームパッドの混線が怖いので、Splatoon甲子園で使っている
有線接続アダプタを市販してください!!!!!!