【第1回】高速A/Bテストドリブンな改善フローでわずか5週でCVRを29%上げた話

こんにちは、ディレクターのcultivaです!

A/Bテストをやったら、わずか5週間でCVRが29%上がった。

弊社のとあるサービス開発においてサイト改善のやり方を変える取り組みを始めて3ヶ月。
いきなり最初5週間で主要指標を大きく改善することができたので
その結果と、何を変えたのか共有します。

CVRの変化

f:id:mogmog2:20161028143052j:plain
※5週前の送客率をそれぞれ100とした場合

今回のサービスの最注力ページ『ページ種別A』における
最重要指標『CVR』の変化です。
トレンドを踏まえた上で実質的には 『29%増加』 の結果となっています。

その他主要指標の変化

まずは主要指標の数字がどれだけ変わったのかを書いていきます。
f:id:mogmog2:20161021095450j:plain

このように主要指標について
軒並み大幅に改善することができました。

見た目の変化

38件のA/Bテストの結果、一覧ページの見た目がこのように変わりました。 f:id:mogmog2:20161021095721j:plain より細かく見ると、、、 f:id:mogmog2:20161021095720j:plain これは1回で改善したわけではなく、実際にA/Bテストで改善していく上では
色分けしたように該当ページを各パーツに分割し、表示させるか/表示させないか
どのような見せ方にするか
何度も検証しながら、少しずつ改善をしていきました。

次回以降の記事で、このような結果を生んだA/Bテストを通じた改善を
サービス開発チームが実際にどう進めたのかを
・ディレクター視点
・開発視点
それぞれ書いていこうと思います。