読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サーバーレスアーキテクチャで画像の動的リサイズをしたら優勝しました 【SpeeeKaigiレポート#1】

イエウール / 開発基盤エンジニアの@pataijiです。

画像リサイズをサーバーレスでやっちゃおうぜってことをSpeeeKaigiで発表して、まさかの、優勝しました。

SpeeeKaigiについてはこちらの記事が詳しいです。 technica-blog.jp

トークテーマ

サーバーレスアーキテクチャで画像リサイズ

キーワード

  • 画像リサイズ
  • サーバーレスアーキテクチャ
  • AWS Lambda
  • Amazon API Gateway
  • ImageMagick

発表スライド

speakerdeck.com

スライド中の動いているデモはこちら http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/p/pataiji/20160728/20160728104839.gif

質疑応答

リサイズした時のレスポンスタイムが気になる

計測していないので正確な回答はできないのですが、Lambda上で画像生成が走るのでかなりかかります。
オリジナル画像の容量や生成する画像サイズにより変わりますが、今回デモしていた感覚値では2000x2000pxの画像を生成すると2秒くらいかかります。
実際に本番で運用をするならば、事前にwarm-up等しておく必要があるかと思います。

結局imagemagickがlambda上で動いてる? imagemagickのバイナリどこから持ってきてるんですか?

LambdaはImageMagickがインストールされている環境上で実行されるので、それを使用しています。

Lambda、API Gatewayのオーバーヘッド時間がきになる。あるのかな?

こちらも計測していないのでなんとも言えないのですが、今回のケースではLambda上での処理の方に圧倒的に時間がかかるので、ここが気になることはないかなと思います。

所感

まさか優勝できるとは思っていなかったので、嬉しかったです。
終わった後の懇親会でも、リブセンスの桂さんをはじめ多くの方にお褒めの言葉をいただき感無量でした。

発表する内容については、今回のSpeeeKaigiの評価ポイントが プレゼン力 / 技術独自性 / 汎用性 とのことでしたので、ここはかなり意識しました。
実は当初は全く違う内容で発表をしようと思っていて、これは実現できたら絶対優勝できると自信があったのですが.....
SpeeeKaigiの2日前の夜になってから、ガッツリ実装が必要な内容だった分、どう考えても時間が足りないことに気づき、急いで方向転換しました。
発表30分前までスライドが完成していなかったので、当日は朝から気が気でなかったです。

計画性の無さと準備不足を反省し、次回SpeeeKaigi(ありますよね...?)には自信を持って臨めるようにしたいと思います。
まずは賞品として頂いたiPad Pro + Apple Pencilを使いこなすことから始めます。

各エンジニアの個性が出ていたSpeeeKaigi、とても良い場でした。

f:id:mogmog2:20160723201815j:plain:w300