読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学生向けエンジニア体験イベントを行いました!

最近ハリネズミと住み始めたお髭の錬金術士です。


※こちらは恋(れん)ちゃんと言います。

今回は、8月上旬に行った学生向けのエンジニア体験イベントについてご紹介をしたいと思います。

ライブコーディングイベント in 大阪

当日は台風が迫っており風雨も強まってきた中、多くの学生に参加いただき、
コーディングの様子を解説付きでリアルタイム実況するライブコーディングイベントを実施しました。

コーディング担当は二次元エンジニア
コード解説担当はその師匠である僧職系エンジニアという、
師弟関係エンジニアコンビで行われました。
信頼関係もあり、このイベントにはうってつけの二人でした。


二次元エンジニアがエリチカ押しの筋金入りラブライバーということで、
ラブライブの歌を流しながらのコーディングがスタート!


クローラーを用いたスマフォ向けWEBサービス開発」をテーマに
PHPフレームワークであるFuelPHPApp.jsを取り入れ、使い方を解説しながら実装していきます。
他にも、VagrantChefCapistranoなどの解説なども入れたりと、
学生達にとっては、初めて目にするものもあったかと思いますが、
真剣な眼差しでコーディングをみて熱心にメモをとってきいていた姿は印象的でした。

こういう場で未知の技術を体験し、それを吸収するのは僕達も通ってきた道。
若い頃を思い出し、主催者である僕らも刺激を受けました。

そのイベントの際使った解説資料の一部がこちらになります。

完成後にはとあるサプライズギミックも実装されていたのですが、
それはいまのところ、参加してくれた学生さんたちだけの特典ですw

チューニングバトルイベント in 東京

次は、東京の弊社オフィスにておこなった社内エンジニア対抗のチューニングイベント。
社内から選抜されたエンジニア4人が2名1組のチームで勝負する60分1本勝負のチューニングバトル形式です。

下記の特徴のある2チームに別れ、勝敗を競いました。

チーム名:できるほうのめがね(以下めがねチーム)

ガリレオ & おもしろ関西人の 秒間数千アクセスというアプリの開発と運用のコアを支える高負荷対策の経験を持つエンジニアとメディア事業で核となるプラットフォームの開発と運用で事業コアな部分を支えるエンジニア同士のペア。

チーム名:マサカリ研究所(以下マサカリチーム)

アルゴリズムの探求者 & 博士の 不動産メディア立ち上げの開発から運用までを一人でこなした質に拘るエンジニアと 海外メディアの立ち上げの開発から運用までの一人でこなした新規立ち上げ経験を持つエンジニア同士のペア。


勝敗を決めるルールとしては、
「100万件のアーティストデータと170万件のアルバムデータを用いて、
アーティストごとのアルバムの平均単価を求めたプログラムを高速化せよ!」

というテーマで、用意されたサーバ環境とプログラムをチューニングし、
勝敗はこのような計測ツールをつくり、より早い時間で計測できたチームの勝利となります。


そして対戦する2チームは、それぞれ個室のMTGルームにこもり、
会場となるセミナールームでは各チームの中継映像にて学生たちが勝負のゆくえを見守る演出で、
なにわの天才プログラマももクロクラスター構築屋による各チーム状況の解説があり、質問にも答えていく形式で進めました。

バトル中のチューニングの進め方にはチームごとの特色があり、
ファイルバックアップを取りながら堅実に進めるめがねチームに対し、
攻めの姿勢でチューニング&テストを繰り返すマサカリチームという
それぞれのチーム色がでた勝負となり、チューニングに対するアプローチの見どころがある勝負となりました。

そして、残り5分時点ではほぼ互角のタイムをたたき出していました。
サーバサイドやSQLのチューニングはほぼ終えた段階で、
両チームともコード側へアプローチを始め、ギリギリまで粘りコード変更に着手。
そしてタイムアウト

終盤は両チームともかなり攻めていたため、エラーがでて計測できない・・・
というパターンも予想されましたが、
最終計測ではめがねチームがいままででの最短タイムをたたき出し、
勝負は決まったかと思われました。

・・・が、マサカリチームがそれを超えたタイムを出すという逆転劇!

クライマックスにはまさかのドラマティックな展開が待っていました。
学生さんたちからも拍手が巻き上がったので、僕たちの驚きも学生さんたちにも伝わったと思いますw

まとめ

最初はうまくいくかな?と不安の中準備を始めたこの2つのイベントでしたが、終わってみれば
・現場で使われる技術を間近で体験してみたい
・エンジニアになろうか迷っている

という学生さんたちに大して、
すごく満足度の高いイベントとのご評価をいただきました。
このイベントを通して、少しでもエンジニアリングの楽しさが伝わっていると嬉しいです!
ご協力いただきましたサポーターズさん、ありがとうございました!

また、Speeeでは9月15〜22日までエンジニア向けのサマーインターン「BizTech」を開催します!

応募〆切は9/8(月)となっておりますので、ご興味のある学生の方はぜひご応募ください!
今回のイベントに参加したエンジニアたちがメンターとなり、熱い8日間を一緒に体験できます。
「エンジニアとしてビジネスの現場で働くことをイメージしたい」という学生さんは是非!

成長できる熱い夏はまだ終わらない!
そしてうちのハリネズミも絶賛成長中!


※こちらは凛(りん)くんといいます。